Skype英会話 マンツーマンで毎日話せるのが

Langrich|ラングリッチ

オンライン英会話のラングリッチ

HOME >

オンライン英会話で正しい発音を習得

正しい発音を身につけるためには、英会話講師と一緒になって繰り返し練習することが大切です。
オンライン英会話なら毎日レッスンを受けることで、正しい発音を効率よく学ぶことができます。

01

正しい発音を身につけるためには

日本人が正しい英語の発音を苦手とするのは、英語と日本語では言語音声が異なるのが大きな要因です。
英語と日本語の“ 子音の違い ”や、英語を覚えるときに英語の読みとしてカタカナをふって覚える
“ カタカナ英語 ”が正しく英語を発音する弊害となっています。
日本人が苦手な発音は以下の3つが挙げられます。

苦手な発音その1:「L」と「R」

日本人がネイティブと話すときに特に通じにくいと言われているのが、「L」と「R」です。
日本語では「らりるれろ」とラ行の発音はひとつしかありませんが、
英語では「L」のla li lu le loという音と、「R」のra ri ru re roの2種類があります。
「L」は日本のラ行の発音に近いので、注力して練習するポイントは、舌を喉元の方に丸めて発音する「R」です。

苦手な発音その2:「M」と「N」

「M」と「N」は簡単なようですが、実はほとんどの日本人は正しく発音できていません。
これもカタカナで英語を覚えたことが弊害となっています。
例えば、Sampleという英単語をカタカナで書くとサンプルとなりますが、
日本語の“ ン ”で発音してしまうのは間違いです。
Sampleのmは、日本語にはない音なので、意識して発音しなければ正しい英語の音は出せません。
口から息を出すのではなく、鼻から息を出す、というところがポイントです。

苦手な発音その3:「sea」と「she」

日本人には難しい音ですが、英語ネイティブははっきりと音を区別しています。
英語の発音記号では、Sea[siː]とShe[ʃ iː]という違いになります。
日本人が発音すると、Sea[siː]と言っているつもりでも大体はShe[ʃ iː]と聞こえてしまいます。
舌のつけ方と空気の出し方がポイントです。

以上の3つがよく間違えられる英語の発音になります。
他にもカタカナ英語で学んできた日本人にとって難しい発音はたくさんあります。
単語や文法だけではなく、発音もしっかり学びましょう。

02

ラングリッチのスピークリッチレッスン

オンライン英会話のラングリッチでは効率的に英語の正しい発音が学べるように、
独自開発した発音教材『スピークリッチ』をご用意しております。
似た音(例えば上記に挙げた「L」と「R」など)の要素をまとめて効率的に学ぶことで
正確な発音を身につけることが出来ます。

発音のレッスンは講師と一緒に練習するのが一番です。
ラングリッチなら、講師とともに発音練習をマンツーマンで徹底的に行うことが可能です。

「オンライン英会話で英語学習することの効果とは」 関連記事

HOME > オンライン英会話とは > 英語学習の効果 > オンライン英会話で正しい発音を習得

page top