Skype英会話 マンツーマンで毎日話せるのが

Langrich|ラングリッチ

オンライン英会話のラングリッチ

HOME >

オンライン英会話で英語面接対策

外資系企業の就職面接では、英語での会話が求められるケースが多くあります。
英語面接では通常の英会話スキルだけではなく、英語面接用の対策が必要になるので、オンライン英会話を活用して事前に十分な面接練習を行いましょう。

01

定型表現は口に出して覚えよう

オンライン英会話で面接対策をする場合は“ 面接でよく使われる英語表現 ”を練習しましょう。
実際に面接でよく使われる表現をいくつかご紹介します。

【挨拶】

「Tell me about yourself?」 (自己紹介してください)と言われます。
自己紹介を始める前に「I am honored to see you」(お会いできて光栄です)と、初めの挨拶を述べましょう。
I am honored to~表現が、(~をすることが出来て光栄です)という意味になります。

【短所と長所】

「What is your greatest strength?」(あなたの長所はなんですか?)
「What is your greatest weakness?」(あなたの短所はなんですか?)
これらは必ず聞かれる質問です。
「One of my strengths(weakness) is that~」(私の長所(短所)は~)と続けます。
短所については、マイナスなことではなく、裏を返せば長所にもなるような内容にしましょう。

【会社への貢献】

How can you contribute to our company? / What can you bring to us?(私たちの会社にどのように貢献できますか?)
会社への貢献ポイントも必須で聞かれます。「I promise you that~」(私は~を約束します)と続けて自分が会社へ貢献できるポイントを伝えましょう。

日本人は英語での面接で回答する時、「~と思います」と言いたい時に「think」を多用し過ぎる傾向にあります。
便利な単語だと思い、何でも「think」を使い話すと話の内容が薄くなり、印象が弱くなってしまうので、
面接官の反応はあまり良くありません。
変わりに、「I am confident~」(私は~ということを確信している)という表現を使いましょう。

日本語の面接と同じように、英語面接でも必ず聞かれる質問項目があります。
定型表現のスピーキング、リスニングを充分に練習して面接に挑みましょう。

02

面接練習ならラングリッチの面接用テキスト

オンライン英会話のラングリッチでは、英語面接用のオリジナルテキストをご用意しております。
テキストを利用して英語による面接をシミュレーションできるので、英語での面接の予定がある方は、
ラングリッチでオリジナルテキストを利用した面接対策のレッスンをおすすめします。

「様々なシーンで役立つオンライン英会話の活用法」 関連記事

HOME > オンライン英会話とは > 役立つ活用法 > オンライン英会話で英語面接対策

page top