JAPEX石油資源開発株式会社 様

世界を舞台に戦うための
活きた英語力を身につけたい

エネルギー資源の探鉱、開発、生産、輸送、販売に携わる総合的なエネルギー開発企業である石油資源開発株式会社様。新技術分野では、メタンハイドレート等の研究開発も手がけるほか、2012年10月には国内で初めてのシェールオイル採取にも成功されました。また、カナダのオイルサンド(超重質油)開発プロジェクトでは生産のトップランナーとして業界をリードされるなど、エネルギー開発企業として国内屈指の技術力と経験を持っておられます。今後、より積極的な海外展開を目指す同社で英語がどのように必要になっているのか、ラングリッチがどのようにお役に立てるのか、人事部の渡辺様にお話しをうかがいました。

石油資源開発様 ウェブサイト - http://www.japex.co.jp

ラングリッチ導入の背景現場が必要とするのは『戦力になる英語力』

地球が相手のエネルギー開発。
国内外の競合やパートナーと
世界を舞台にビジネスを進める。

「エネルギー開発」という業界は一般的には聞き慣れない業界だと思うのですが、石油資源開発様の事業内容について具体的にお聞かせいただけますでしょうか。

渡辺様:当社は、権益を取得した鉱区から石油や天然ガスを生産し、電力会社、都市ガス会社、石油元売会社、産業需要家などのお客様へ販売することを事業の中核としています。

鉱区の取得から生産に至るまでの過程には、地中深部の調査、石油や天然ガスが貯留していると思われるターゲットの設定、埋蔵量と経済性の評価など様々な技術とプロセスが必要です。また、これらのプロセスは、国内外を問わずに行われます。

国内外を問わず競合他社様がおられる、ということでしょうか。

渡辺様:はい。石油や天然ガスが眠るところであれば、そこがビジネスの舞台になる可能性がありますから、世界を視野に入れて考えていかなくてはなりません。

しかし、この業界の大きな特徴は、当社に限らず1つのプロジェクトに何億、時には何百億という大きなお金が動きます。海外で行われる大規模なプロジェクトでは、同業間で競合することがある一方、資金を出し合うパートナーとしてビジネスを進めるという関係が決して珍しくありません。そういった競合、あるいはパートナー関係にある企業の方々とのやりとりというのも、主に英語で行われます。

会社の海外シフトに合わせ、
英語力の必要性が高まる。

▲今後新しい取り組みもはじめていきたい、と語る渡辺様

渡辺様:現在、当社は、海外事業の更なる強化を鋭意進めています。これまで国内のプロジェクトが大きな収益源となっていましたが、今後更に戦略的に投資を行うことで、国内同様長期に安定した収益源を海外にも求めているところです。そこで必要不可欠なのは、人的資源の醸成です。

中でも、実際に現地に赴いて交渉ができたり、多様なビジネスパートナーとコミュニケーションができるような人材を育てていくためには、言語能力の向上が求められていることが大きな背景にあります。単にTOEICの点数を何点上げるということではなく、幅広い意味になってしまいますが、戦力となる英語力、これを社内で少しでも早く確実に高めることが私のミッションです。

ラングリッチを使ってみて品質は勿論、手厚いフォローアップが嬉しい

時間・場所を問わない受講スタイルが魅力。

『戦力としての英語力』を養成する学習法として、オンライン・スカイプ英会話を選択されたのはなぜでしょうか。

渡辺様:そうですね、理由は大きく2つに集約されます。1つは、やはりいつでも受講ができるという意味での時間的な自由度の高さです。(ラングリッチでは早朝5時~深夜1時まで、いつでもレッスン可能です)2つ目は、インターネットを使える環境さえあればどこでも受講できるというアクセシビリティです。

時間に関しては、やはり皆さんお忙しい中で早朝や夜中の時間を活用することができ、融通が利いて便利ということでしょうか。

渡辺様:そうですね。早朝から深夜まで好きなタイミングで受講することができるというシステムは大変便利です。人によってライフスタイルは様々ですので、朝に受講したいのか夜に受講したいのかは違います。

また当社の場合は担当業務に支障が無い限り就業時間内の受講も認めています。中・長期的な社員教育の一環として取り組んでおりますので、1日のライフサイクルを考えたうえで、各受講者がどのようにそれを組み込みたいかということは各個人に任せています。こうした学習環境の定着による英語力の向上は確実に見受けられます。

仰るように、就業時間外に福利厚生として各個人に委ねるのではなく、就業時間内で「仕事の1つ」という形で受講していただけると、継続して学習する環境が整いますので、英語学習の効果が高まりますね。

渡辺様:今後海外事業を拡大していくにあたって、英語の必要性も増すと思われますので、弊社としましても社員のバックアップに力を入れて取り組んでいます。

高品質な授業の安定供給と
手厚いフォローアップ体制が決め手に。

では、数あるオンライン英会話の中から、ラングリッチを選んでいただいた理由をお聞かせいただけますでしょうか。

渡辺様:はい。御社に声をかけさせていただいた理由というのは、大きく分けて3つあります。1つ目は、そもそも前評判が良いということをお伺いしておりました。同業他社さんは数多くいらっしゃいますが、選ぶ側としてもどの企業にお声掛けしようか、とても迷うところではあります。

もし可能であれば、実際にどんな評判だったかって教えて頂けますか。

渡辺様:講師の方が突然キャンセルをして授業が実施されないということがないよう、ラングリッチさんでは講師がキャンセルになっても、必ず別の代行講師を手配してくださるという点に興味を持ちました。

それから、講師の方のスピーキング能力やリスニング能力、あるいは教える能力が他社様の水準よりも高いという評判は聞いておりました。

(参考:ラングリッチの講師)

ありがとうございます。

渡辺様:2つ目は、システム画面の使いやすさや画像の鮮明さなど、受講者の視点から見た環境面での使いやすさです。それをラングリッチの担当の方から説明していただいて、私自身、デモとして無料体験させてもらうことで確かめることができました。さらに光通信でビデオレッスンができるという話を聞いて、良好な通信環境の中で授業を受けられることも魅力でした。

最後の1つは、サービス内容を当社のニーズに合わせようとしてくださるところがとても良いですね。「もうこうなっていますから」ということではなく、導入時の手引書の配布や受講生徒様のモニタリング機能追加など、当社の要望に可能な限り応えようとしてくださるところに好感を持っております。

▲導入時にはレッスンの手引きとして資料を作成することも可能です

今後の展望について全体の英語力向上を会社が全力でサポート

スピード感を兼ね備えたプロ人材の育成

渡辺様:弊社は1955年の創業以来半世紀以上にわたり、エネルギー開発会社として成長を続けてきました。探鉱から開発まで一貫して携わるノウハウや、自社組織に技術研究所を持っていること、新しいエネルギー開発に積極的に取り組む姿勢を強みとしています。

そうした企業価値を世界市場で最大化していくためには、様々な分野のプロ人材が現場の最前線で英語を駆使し、スピーディーに仕事を進めていけるような状態を目指すことが必要になります。これはおそらく間違いないことでしょう。そのための基礎となる、英語教育には非常に力を入れていきます。

その一環として、今後ラングリッチを使って英語を強化されていくということでしょか。

渡辺様:そうですね、最終的な目標は組織全体の英語力向上ですので、この研修ではそれを達成すること、もうそれに尽きると思います。

ただ英語力という言葉は非常に定義があいまいな言葉です。仕事によって求められる英語力の内容や質は異なると思うので、だからこそ内容に合わせて柔軟に対応できるというのがラングリッチのいいところだとも思っております。その場その場で、マンツーマンにより自分のレベルにあったレッスンにできる点を活かし、全社的な英語力の向上、それを頑張っていきたいと思います。

英語を学習する社員の皆様のレベルや仕事の内容に合わせて、様々なニーズに対応できるよう、今後も教材やカリキュラムの充実を図りたいと思います。本日は貴重なお時間を頂き、誠に有難うございました。【了】

end

導入の流れはこちらから