Skype英会話 マンツーマンで毎日話せるのが

Langrich|ラングリッチ

オンライン英会話のラングリッチ

HOME >初めての方へ > 独自の強み

徹底したオフィスでの一元品質管理

ラングリッチではホームチューター制(在宅)を採用せず、全ての講師、全てのレッスンをオフィスで管理しています。
これにより、オフィスに常駐するマネージャーによる定期的なチェックが可能となり、サービスの品質を維持すると共に、生徒様からのご意見やご要望をリアルタイムでフィードバック・共有することが可能となります。
また通信インフラや停電対策など、環境面でのメリットも多く、サービス全体の品質がオフィスでの一元管理に由来すると言っても過言ではないのです。

オフィスに集うプロ講師陣

ラングリッチでは全てのレッスンがオフィスにて提供されます。全講師がオフィスに通勤し、待機しておりますので、当日の予約(最短予約時間は15分前)に対応することも容易で、より生徒様のライフスタイルに沿ったサービスをご提供することができます。
また、レッスン・講師ごとに個室が割り当てられてますので、他のレッスンの音や環境音など余計な音声も気にせずにサービスをご利用いただくことが可能です。

講師について詳しい情報を見る

オフィスでのESLトレーニング

ESLとは、English as a Second Languageの略称で、全世界で行われている外国人のための実践的な英語指導のことをさします。
従来はESL教育を受けるために、高価なお金を払って欧米圏の語学学校に留学せざるを得ませんでしたが、ラングリッチでは、ESL指導のプロがトレーニングを行い、より指導力の高い講師を育成できる環境を整えています。

高速光回線の導入

ラングリッチのオフィスでは全回線が光回線化されていますので、高速かつ安定した通信環境のもとでレッスンを受講していただくことが可能です。
例えばあなたが発音を重点的に学習したいなら、クリアな画質のビデオ通信で、発音そのものだけでなく、口の形を目で確認することも可能となるのです。
途切れ途切れだったり、ノイズの入る音声、ビデオでは十分な学習効果を発揮できるとは言えません。通常回線のレッスンと光回線化されたラングリッチのレッスン。その違いを是非ご実感してください。

光回線との従来比

停電時も安心の発電設備

現在、数多くのオンライン英会話がありますが、そのほとんどがフィリピン人講師を採用し、現地からレッスンを提供しています。そこでよく問題になるのが停電です。
フィリピンでは日本ほど電力供給が安定しているとは言えません。気候やその他の理由から、しばしば停電に陥ることがあります。
しかしラングリッチではオフィスに発電機を設置し、停電時でもサービスを停止させないよう備えています。これもオフィスでの一元管理だからこそできる取組だといえるでしょう。

日本人マネージャーによる品質管理

オフィスにはフィリピン人マネージャー、日本人マネージャーがそれぞれ勤務しています。適切にレッスンが行われているか、講師の勤務態度やレッスンへの姿勢に不備がないかなど、品質の維持に努めています。
また生徒様から寄せられたご意見やご要望を講師にフィードバックし、より高いレベルのレッスンをご提供できるよう、マネージャーによる管理体制を徹底しています。

迅速なサポート体制

日本オフィス、フィリピンオフィス問わず、お寄せいただいたご質問に適切に対応するため、マネジメントスタッフ・技術スタッフが連携しつつ、皆様のご要望にお応えし、ご不満を解消する体制を構築しています。
ご質問・ご要望はお問い合わせフォームからご送付ください。

page top